サイトメニュー

傷の有無やダウンタイム

看護師

受けた人から高評価の施術

二重整形の施術には大きく分けて埋没法と切開法という2つの方法がありますが、自分に合った方法で選ぶのが賢明です。基準となるのは、傷跡の有無やダウンタイムの長さ、費用などがありますが、どの基準に重きを置くかによって適した施術法は変わります。埋没法は、瞼の裏側から糸で留めるだけのメスを使わない施術のため、傷跡が残らずダウンタイムがほとんど必要ないのが特徴です。費用も切開法よりも安いので、経済的な負担も少ない施術法となります。手軽に安くできる施術を求める人にぴったりの方法です。切開法は、まぶたを切開して二重を作るためどうしても傷跡が残ってしまいます。しかし、縫合するため埋没法のように糸が切れて取れる心配はなく、半永久的にくっきりとした二重まぶたが手に入れられます。幅広の二重にもできるので、ハーフのようにくっきりとした目元に憧れる人の向いている整形方法です。目の腫れがひくまでに1週間ほどかかるので、切開法を受けるにはまとまった休みが取れることも基準となります。埋没法の二重整形施術にかかる費用は、両目合わせて7万円から10万円が相場です。切開法の二重整形施術にかかる費用は25万円から30万円が相場であるため、3倍ほど費用が異なることになります。メスを使う施術では医師の技術料なども加算されるため、どうしても高くなってしまうのです。埋没法を受けた人の評判は、ほんの15分程の短い施術で憧れの二重になることができ喜んでいるとの声が多くあがっています。ただ、ふとした拍子に糸が切れて一重に戻ってしまうこともあるようです。切開法を受けた人の評判は、ぱっちりとした幅広平行二重になれ目力がついた、傷跡も目を閉じたらうっすらとわかるぐらいで目立たないなど、仕上がりに満足している声が多く寄せられています。埋没法で取れてしまったため、切開法で恒久的な二重にすることを決めた人もあるようです。最もポピュラーな美容整形であると言っても過言ではない施術なので、どちらの方法においても、受けて良かったという声が圧倒的な数を占めています。

Copyright© 2018 二重整形で悩みを解決【費用が比較的安いプチ整形もある】 All Rights Reserved.