サイトメニュー

事前確認のポイント

目元

治療法と出費関連が大事

多くの人が憧れる二重まぶた、今は整形治療で簡単に手に入ります。クリニックへ行けば手術をしてもらえますが、その前に治療内容のことを知っておいた方がいいでしょう。まず、二重整形には多様な治療法があります。よく用いられるのが埋没法と切開法と呼ばれるもので、この二つが主流になっています。効果の具合や費用など相違点が多く、これを踏まえた治療法選びが重要です。埋没法は針と糸を使ってまぶたの一部を引き上げる方法で、費用や腫れが少ないことが特徴です。工程が少なく治療時間が短いことも魅力です。ですが、まぶたに深いたるみがある場合など、これが向かないこともあります。対して、切開法はまぶたを切ってヒダを作るため、たるみに強いことが特徴です。しかし、費用が高めなことや傷が残りやいことと、欠点も少なからずあります。全員に向いた治療法というのは存在しません。どんな治療法にも長所と短所があります。適切な治療には、自分の要望と治療法の把握が必要です。事前勉強をしっかり行い、カウンセリングで理に適った要望を伝えられるようにしておきましょう。クリニック選びで意識することの一つが、保障期間です。二重整形では不測の失敗が起きた時に、無償対応をする期間が設けられていることがあります。これは絶対に確認しましょう。例えば埋没法で使った糸が偶然切れた場合、保証期間内ならお金を払わなくても縫合してもらえます。期間内の事故なのに新しく治療するのは、余計な出費を生むもとです。トラブルの際に保障を使えるよう、しっかり覚えておきましょう。このほかにも、事前理解があるといいことがあります。料金表を見る際、それが両目の費用か片目の費用かを最初に確認すると誤解をなくせます。この誤解が大きく影響するのが料金計算の時で、計算結果に大きくずれを生じさせます。後に金銭トラブルにつながることもあるため、料金表の見方を最初に確かめておきましょう。二重整形では、保険は適用されません。ほかの整形と同じよう、出費には気を配る必要があります。保障期間や料金表の確認といった些細に思えることでも、金銭状態の把握に大きく役立ってくれます。

Copyright© 2018 二重整形で悩みを解決【費用が比較的安いプチ整形もある】 All Rights Reserved.