サイトメニュー

方法が選べる

カウンセリング

それぞれのメリット

女性が行う美容整形で特に多いのが二重まぶたです。近年はメイクやプチ整形などを行う人も多く身近な施術となっています。二重整形には3種類の方法があり、かかる費用も異なります。一番行いやすいのがプチ整形と呼ばれる埋没法です。まぶたに糸を埋め込んで裏側でとめておくことで二重ができます。糸で留める数も選べ、1点なら3万円、2点で5万円、3点なら8万円が相場となります。留める数が多くなれば費用が高くなります。パッチリした二重を作るならメスを使った切開法です。まぶたを切って縫い合わせるので脂肪が厚い人でも確実に効果が出ます。費用は両目で20万〜30万円とある程度高くなります。また、施術後の腫れが引くのに2週間から3週間はかかります。埋没と切開を混合させた部分切開法です。小さい範囲を切開して施術するので戻るリスクも低く傷も少ないです。費用は両目で25〜30万円ほどとなります。どの施術方法が最適化は個人で異なります。まずは美容整形外科でカウンセリングを受けて医師と相談の元決めていきます。施術は麻酔後に10分〜15分程度行います。完了したら部位を冷やして発生する腫れを減らします。切開法の人は術後数日で抜糸を行い、埋没法は経過のために検診があります。理想の二重まぶたを手に入れるには整形施術の方法もあります。敷居が高く感じますが、最近はプチ整形の普及もあって身近となっています。試してみたい初心者におすすめなのが埋没法です。まぶたに二重の線を入れた後、糸でまぶたの裏に縫い合わせます。縫い合わせ方によって二重の仕上がりに変化が現れます。気軽にできますが、元に戻ってしまうこともあります。施術後に問題なくシャワーを浴びられます。費用も安く、やり直しもきくのがメリットです。まぶたの脂肪が厚い人にはメスを使った切開法がおすすめです。麻酔をした後、表面にメスで切れ込みを入れて脂肪を除去します。縫い合わせたら1週間後に抜糸を行い、完了します。費用が掛かりますし手術後の腫れが引くまで日数を要しますが、その分くっきりとした二重が実現できます。戻ることなく長期間キープできるのが魅力です。手術には医師との相談が欠かせません。きちんとカウンセリングを受けて理想の二重まぶたを手に入れましょう。未成年が行う場合は両親の同意が必要なケースが多いです。

Copyright© 2018 二重整形で悩みを解決【費用が比較的安いプチ整形もある】 All Rights Reserved.