サイトメニュー

手術の種類などについて

女性

手軽な方法と本格的な方法

二重は、整形手術の中でも人気のあるものですが、その種類にはメスを使わない「埋没法」と、メスを使う「切開法」の主に2つがあると言えるでしょう。まず「埋没法」は、まぶたを医療用の糸でとめるだけで出来る手術方法であり、いわゆるプチ整形の一つとして知られています。埋没法は、目を開ける際に使う筋肉と皮膚の部分を細い糸でつなげることにより、目を開けた際に皮膚が糸で引っ張られて二重が作られるという手術になると言えるでしょう。メリットとしては、メスを使わないため手術に対する抵抗が少なくて済むことや、費用が比較的安く済むことが挙げられます。また埋没法は、半永久的な効果がないというのが注意点なのですが、その反面、出来上がりが気に入らなければ元に戻すことが出来るという点がメリットになると言えるでしょう。一方の「切開法」は、メスで切開することによって二重まぶたを作る手術方法であり、半永久的な効果が期待出来る本格的な方法といて知られています。ただし、切開法は費用が高くて元に戻すことが困難なため、いきなり行うのではなく、埋没法などを試した上で最終的な方法として選ぶことが望ましいと言えるでしょう。二重と言ってもさまざまな形に種類があるため、整形手術を行う際は、前もってどんな形にしたいのかをイメージすることが重要です。主な種類としては、自然に見えやすい奥二重や、日本人に多いとされる末広型、そして大人っぽく見せることが出来る平行型などがあります。ですので、前もって希望する形のイメージを決めておくことが重要ですし、カウンセリング時もちゃんと納得がいくまで医師と相談することが大切だと言えます。また二重の整形手術の費用は、埋没法だと5〜10万円程度、切開法だと20〜30万円程度が相場なので、事前に費用を検討する際は相場を参考にするとよいでしょう。そして手術後に関して知っておきたいこととしては、目元の腫れを早く引かせる必要があるため、入浴やアルコールは控える必要があるということが挙げられます。入浴については、体が温まると血行が良くなって腫れが引きにくくなるため、術後1週間程度はシャワーなどで済ませておいた方がよいとされています。またコンタクトレンズに関しては、手術後すぐにでも使うことは可能だとされていますが、違和感が生じることも多いため1週間程度は使わない方が望ましいと言えるでしょう。

Copyright© 2018 二重整形で悩みを解決【費用が比較的安いプチ整形もある】 All Rights Reserved.